Warning: Use of undefined constant _aioseop_description - assumed '_aioseop_description' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/users/web04/4/0/0213304009/www.akashi-okubo.com/wp/wp-content/themes/akashiokubo-theme/header.php on line 16

ブログ

汗について

こんにちは、明石市大久保の明石おおくぼ整骨院です。

6月になり、急激に蒸し暑くなってきましたね。
気温も30度近い日が続き、汗をかくことも多くなってきたと思いますが、
汗にも良い汗と悪い汗があるのをご存知ですか?

良い汗というのは、指で触った時にサラサラしていて臭いを感じないもので
悪い汗というのは、指で触った時にベタっとしていて臭いを感じるものです。

汗というのは元々血液から作られていて、体温が上昇してくると、体温を下げる為に発汗しようと、
血液から水分とミネラルを汗腺に取り込みます。この時に体にとって大切なミネラルのほとんどが血液中に再吸収されて
水分だけが皮膚の表面に汗として出てきます。

このような、ほとんど水分状態の汗が良い汗なのですが、汗腺の機能が鈍っていたり、衰えたりしていると、
ミネラルの再吸収が行われず、水分と一緒に汗として出てきます。これが悪い汗で普段あまり汗をかく生活を
していない人に多く見られます。

また汗の量と塩分濃度は比例しており、少しずつかく汗は、さらっとしていて塩分濃度が低い汗ですが、
短時間で大量に書いた汗は、ベタつきのある塩分濃度の高い汗となります。急激に大量に汗をかくと、
多量の塩分が失われ脱水の危険性が高くなるので、汗は少しずつかくのが良いといえます。

汗を出す汗腺は繰り返し暑熱の負荷がかかり、暑熱に対して身体が慣れてくることで汗の分泌機能が高まり、
塩分濃度の低い良い汗が出るようになります。良い汗は体温の急激な上昇や心拍数の増加も軽減できるので、
体への負担も少なくなります。

次回は良い汗をかく方法について書いていきます。

明石おおくぼ整骨院
明石市大久保町駅前1-16-10グランシャリオSATOH1F
TEL078-920-8358

予約078-920-8358

住所
〒674-0058
兵庫県明石市大久保町駅前1-16-10 グランシャリオSATOH1F
アクセス
JR大久保駅北口徒歩30秒
営業時間
平日 9:30〜12:30 / 16:00〜20:30 / 20:30〜22:00(特診:交通事故のみ ※前日までに要予約)
土曜 9:30〜14:30
定休日
土曜午後・日曜・祝日