自律神経治療

  • 夜、寝つきが悪い
  • 朝、起きるのがつらい
  • 就寝直前までスマホやテレビを観ている
  • イライラしやすい
  • 冷え性である

自律神経は、内臓を調節するために、24時間働き続けている神経です。

体の活動時間や昼間に活発になる交感神経

安静時や夜に活発になる副交感神経があります。

2つのバランスが崩れてしまうことで自律神経の乱れとなります。

不規則な生活やストレスなどで自律神経の働きが乱れると

体の器官にもさまざまな不調が出てしまいます。

どんな症状がある?

頭痛やめまい、不眠、眼精疲労、冷えやほてり、

吐き気、便秘、倦怠感、疲労感と症状は多くあります。

疲れやすかったり、全身に力が入りにくいこともあります。

眠りが浅く、すぐに目が覚めたり、寝付けない

起床時の疲労感を訴える方もおられます。

人によって、症状は様々なので

一度、ご相談ください!

明石おおくぼ整骨院での治療

当院では、まずリラックスして頂くために個室を

ご用意させていただいております。

第2の心臓と呼ばれている、ふくらはぎの部分を

軽くマッサージをし、血流の流れを良くします。

頭周りや顔周りには、睡眠時に優位となる

副交感神経を活発にさせるツボが多く分布されています。

そこの部分を手技で、ゆっくり押圧などを加えながら

硬くなってしまった、筋肉をほぐしていきます。