ヘルニア・坐骨神経痛改善プログラム

  • 腰痛に伴い脚に痛みと痺れがある
  • デスクワークや車の運転など椅子に座る前傾姿勢で痛みを感じやすい
  • ヘルニアと診断されたものの手術はしたくない
  • 整形外科で坐骨神経痛と診断されたがどうしていいか分からない
  • お尻から脚にかけて痺れがある

腰のヘルニア・坐骨神経痛では、腰の痛みの他に

お尻や太ももの裏、ふくらはぎにかけての痛み痺れを伴います。

 

特徴としては、両側に痛み痺れが出る事は稀で、

片側にでることが特徴です。

 

ヘルニアは急激な外力が加わったり

繰り返し重たい物を持ち上げたりすることで

椎間板に過度の負荷が生じ元の位置から飛び出し

周囲の神経を圧迫することにより痛み痺れを生じます。

 

坐骨神経痛の原因は様々ですが、

お尻の筋肉が異常に緊張し硬結することで下を走っている

坐骨神経を圧迫し痛みや痺れを引き起こします。

 

こういったヘルニアや坐骨神経痛の治療で

私たちが行っている治療をご紹介します。

明石市大久保やわら整骨院・整体院グループの腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛の治療法

当院では腰椎椎間板ヘルニアが原因で緊張した

周囲の筋肉を治療する事と同時に骨格矯正を行います。

骨格が歪んでいる状態だと普通ならそんなに

負担ではない事でも負担となり原因を自ら作り出してしまいます。

 

坐骨神経痛も骨格の歪みなどにより左右のバランスが崩れ

片側に過剰に負荷がかかりやすくなり筋緊張を起こす事で

坐骨神経を圧迫しやすくなります。

 

骨格矯正を行うことにより筋肉の引っ張り合いを無くし

椎間板にかかる負荷を最小限にとどめます。

 

更に当院では、整えた骨格を再発させないために

身体を支える為のトレーニングも行います。

せっかく骨格を整えても筋力低下が残ったままだと

身体を正しい位置に留めておく事が出来ない為、

また歪んで痛みが出るの繰り返しとなります。

 

骨格矯正まではしてくれるが筋力低下までアプローチ

しているところは数少ないです。

筋力低下まで改善する事が本当の根本治療と

私たちは考えています!

ストレッチ風景

運動が大切なのは分かっているが苦手で出来ない方、

トレーニングはしたいけれどなかなか家では出来ず

ジムにいくには一歩が出ない方、そういった方でも

トレーニングが出来るように当院では患者様一人一人に

あったトレーニングメニューをご用意し姿勢維持に大切な

筋肉を鍛えていきます。

 

このように、痛み→歪み→筋力低下にアプローチし

当院では根本的に治療し症状を改善させていきます!