ばね指

  • パソコンやスマホを触るときに痛む。
  • 指が一定の角度までしか伸びない。
  • 曲げ伸ばしの動作がスムーズにできない。
  • バネが弾けたみたいに伸びる。
  • 指のこわばりがある。

ばね指は手をいつも使う事が多い方、お仕事をされている方やスマホなど、色々な原因で誰にでも起こってしまう可能性のある指のお怪我です。

「指が動かしずらい」

「指の関節が痛い」

「指にこわばる」

こんな症状に悩まされている人は意外に多いんです。

近年はスマホによる親指の使い過ぎが原因のばね指が急増してきています!

ばね指とは?

指を動かす筋肉(屈筋腱)は腱鞘というトンネルのような中を通っており、通常は摩擦がなく手指の曲げ伸ばしは滑らかに動くことができるのですが、なんらかの炎症が起こっていると腱鞘とのすべりが悪くなり摩擦を生じて引っかかりを感じる様になってきます。

この摩擦により痛みが伴い動きがスムーズにいかなくなり、(屈筋腱)が引っかかる事で指が急に伸びたりと、ばねの様な現象が見られる疾患をばね指と言います。

当院のばね指の治療

当院に来られる『ばね指』の患者様に見られる共通点があります。

「肩凝りがひどい」

「骨盤の歪みが原因で姿勢が悪い」                                   

「上腕~前腕にかけての筋緊張がきつい」

「痛みを伴っている為、他の部位まで負担がかかっている」

「指を常に使わなければいけなく、安静にできない」

などで、筋肉が硬い、また負担がかかっている状態で、手指を酷使している方多いです。手指の使い過ぎがそもそもの原因となっているため指を使わないで安静にしておくことが大切です。しかし、『ばね指』になってしまった方は指を使う生活をされていますので指を使わずに安静にするということは難しいのが現状です。

やわら整骨院・整体院では、まず症状の原因である前腕から手指にかけての過剰な筋肉の緊張緩和を目的にマッサージ、鍼灸、ハイボルトなど症状に合わせた最善の治療法を提案させていただきます。手指の筋肉への負担を減らすテーピングの治療も行っています。

根本的に『ばね指』を治したい方は、手指の筋肉がリラックスするために、『肩こり・首こり』『不良姿勢』の改善が必要です。『肩こり・首こり』『不良姿勢』は手指にかけての過剰な筋肉の緊張を引き起こす大きな要因になります。

関係ないように思われるかもしれませんが、根本的に『ばね指』を治したい方は、是非取り組んでいく必要があります。

「指が痛い」「指が動かしづらい」などの初期症状では軽く見てしまいがちですが、重症化すると日常生活にも支障が出てきます。

生活習慣に密接に関係している手指のですので、同じように生活していては良くなることはありません。

何も対処せずほっておいて治ることを期待するのは難しいでしょう。

重症化してしまえば手術に至る方もいます。早い段階からの治療を行うことができたら『ばね指』は改善します。

ぜひお早めに明石大久保やわら整骨院・整体院にお気軽にご相談ください。