腱鞘炎

  • ペットボトルの蓋を開けると手首が痛い
  • キーボードを打つと痛みが出る
  • 親指の付け根あたりが痛い
  • 産後、手首が痛くなった
  • 瞬間的に痛みが出るが、すぐに治る

腱鞘炎の原因とは?

腱鞘炎の腱とは、筋肉の伸び縮みを指に伝える糸のようなものです。
そして腱鞘とは、腱の位置がずれないように固定するトンネルのようなものです。
デスクワークのキーボードやマウス操作、最近ではスマートフォンなどで親指を使い過ぎると腱は、腱鞘の中を何度も往復することになります。そうすると、腱と腱鞘がこすれ続くと炎症が起こります。これが、腱鞘炎になる原因です。

また、出産後や閉経後は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、女性ホルモンの乱れによって関節が緩くなり腱鞘炎になりやすいと言われています。

腱鞘炎の治療方法

腱鞘炎の主な治療方法はまず安静にすること。それでも痛みが続く場合は湿布やサポータ、外科的治療では患部に消炎剤の注射などがあります。

しかし、日常生活で親指を使わず生活するのはとても難しいです、注射を打って楽になってもまた使い続けると痛みを繰り返してしまい、根本的に解決したと言えません。このように、対処はできてもなかなか完治せず諦めてしまう方が多くおられます。しっかり原因を根本から取り除かなければ完治しません。


本当の腱鞘炎の原因は、親指を動かしている短母指伸筋、長母指外転筋という筋肉です。それらの筋肉を使い過ぎると筋肉の血流が低下し、筋肉にしこりができます。それが痛みの引き金となるトリガーポイントと言われるものです。

やわら整骨院がオススメする施術メニュー

筋膜・筋肉が血行不良により引き起こされる筋肉の硬さやこわばり(トリガーポイント=痛みの原因)をしっかりと触診検査で見つけ出し、重点的に施術します。

また効果アップメニューとして、痛みに即効性のあるハイボルト治療器を用いることにより、より早期に症状を改善させていきます