四十肩、五十肩

  • 夜中、激しい肩の痛みで目が覚める
  • 服を着たり、脱いだりが痛くてたまらない
  • 髪を束ねたり、下着をつける時に痛くて腕が上がらない
  • 他の整骨院・接骨院で鍼やマッサージ 整体をしても痛みが改善されない
  • 整形外科で四十肩・五十肩と言われた

中高年の人が悩まされる肩の痛み、いわゆる「四十肩」「五十肩」は、40〜50歳代を中心とした中年以降に、肩関節周囲組織の加齢性変化を基盤として明らかな原因なしに発症し、肩関節の痛みと運動障害を認める疾患群と定義されている。四十肩・五十肩には特に誘因が認められないことが多く、ときに軽微な日常生活のの繰り返しの負担後に肩の不快感や疼痛で発症する。  

      好発年齢は40~60歳代である。

  肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、肩を大きく動かすために肩甲骨関節窩が小さく上腕骨頭のはまりが浅い(図)。骨だけでは構造的に不安定なところを関節包や発達した腱板が強度を高めている。そのため、肩の酷使によって炎症や損傷が起こりやすく、痛み、可動域の制限が起こると考えられる。日常的に肩を使わない日は無く、デスクワークが多い現代人は姿勢が悪く猫背になり肩にすごく負担をかけている。その肩関節への負担は、肩峰下の滑液包や関節周囲の筋肉に炎症として広がることがあり、このような肩関節周囲の炎症が五十肩と呼ばれます。

姿勢でこんなにも肩の可動域って変わるんです

猫背では肩が上がらなくなります。

なぜかとゆうと 肩甲骨が内側に入り込み 骨と骨が衝突するからです。

ですから その骨と骨に筋肉が挟まれるので その繰り返しが炎症や損傷となります。

勿論姿勢を良くすると 肩はすごくスムーズにあがります。

それ以外にも

骨盤や背骨が倒れるだけでも肩に影響が出ます

左に傾いているので左肩に負担がかかっている。

骨盤 背骨を戻すと

肩の負担は消え両肩がスムーズに上がるようになる

普通はこうして治す

一般的な整骨院・接骨院

低周波をしてアイシング マッサージをしたり鍼をしたりした後テーピングや湿布を貼り終了

 

一般的な整形外科

レントゲンに回され ひどい場合はブロック注射 ロキソニンと胃薬と湿布を処方

多くの場合 次の来院指導は無い

やわら整骨院での四十肩・五十肩の治療

まず、歪んでしまっている骨盤や背骨を矯正しながら、凝り固まってしまっている肩周り、肩甲骨周りの筋肉を手技により緩めていきます。
また痛みが出ている筋肉や固まっている筋肉だけでなく、肩の可動域制限を引き起こしている筋肉にもしっかりアプローチし治療を行います。
さらにマッサージで筋肉を緩めるだけでなく、痛みが楽になってきたら、肩甲骨周りの筋肉をしっかり動かしながら緩めていく運動療法も行なっていきます。
家で出来るような運動も教えさせていただくので、痛みがなくなって当院を卒業されても、今後痛みが出ないように自分の体を自分で管理出来るようにセルフケアもできます!